ペネロペの下書きブログ

ペネロペの下手な文章のさらに下書きです。ごめんなさい。

【  2008年12月  】 更新履歴

◆2008年11月     ◆2008年12月       ◆2009年01月

スポンサーサイト

--.--.--【 スポンサー広告

 全文を読む


イダー 7

2008.12.15【 未分類

  イダー 7 人影が走り出した。 すぐに、奥から2つ。 1つ目がホースと分かる頃、2つ目と3つ目が仲間でない事がわかった。 金属質な輝き。 装備や武器でなく、その者自身が金属質だ。 雪の反射を受けて尚、黒い輝きを放つ。 もう一人は、白銀。 周りの雪より、白く凶悪に輝いて見えた。 殺気の色。 殺気の輝き。 私がここに付いた時に感じた感覚がよみがえる。 濃密な緊張感だ。「お前は後方支援だ。」 視界の隅...全文を読む


イダー 6

2008.12.14【 未分類

  イダー 6 「引き金は引くんじゃねえ!絞るんだ!」 無線から、タリスクの怒鳴り声が響く。 打ち消す様に、トリガーを絞る。 ガトリングガンが、けたたましい銃声をたてる。「長い!もっと短く!長く撃ってもあたんねぇぞ!」 敵がこっちを向く。 それをかわす様に回り込む。 雪が絡んで足が重い。「遅いぞ!死ぬぞ!もっと早く!」 鬼! 叫びたくなるが、我慢して片膝で座る。 肩付けで構える。 撃つ。 敵の表面に...全文を読む


イダー 5 ギルド

2008.12.09【 未分類

  頭が絞られるように重い。 胃は砂を詰め込んだようだ。 平衡感覚がうすれ、地面がゆっくりと波打っている。 ダメージはあまりに大きかった。 倒れたまま、周りを見渡す。 それだけで、体力の大半を使った。 タリスクが仰向けに転がっている。 意識の確認をするまでも無い。 完全に気を失っている。 ホースは足を投げ出して座り込んでいる。 頭を落とし、こちらも意識はなさそうだ。「強い。」 私はそのまま、頭を床に...全文を読む


イダー 4

2008.12.05【 未分類

  イダー 4 戦場 雪の舞う白い闇は、以外と薄い。 空が際立って青い。 遠く、白く、高い山。 プラットホームから天空に伸びる、光の道。 この美しい戦場をひた走る。 異形の戦士を潜り抜けて。 剣や銃を手にし、うつろに彷徨う戦士。 その間を全力で走りぬけた。 地吹雪が舞った。 強風に煽られ、一瞬視界を奪われる。 目を開ける。 反射的に伏せた。 敵だ。「下」では見たことがない。 大きく、禍々しい。 両の...全文を読む


イダー 3

2008.12.05【 未分類

  イダー 3「さて、と、だ。」 煙草がタリスクの唇から離れる。 地吹雪に混じって、「下」へと消える。「どうする。収まるまで待つか。それとも・・・」「行くだろ。」 少年の方が、弦を軽く引く。 青白く光るエネルギー体の矢が、現れては消える。 弓の両端から伸びる光を帯びた弦が、荷電粒子の矢を弾き飛ばすビームボウ。 その威力は銃をしのぐ。「やられっぱなしは、性に合わない。」「・・・選択肢が違うな。」 ホー...全文を読む


◆2008年11月     ◆2008年12月       ◆2009年01月

Menu

FC2カウンター

最新記事

プロフィール

penelope

Author:penelope
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。